【FGO/高難易度】デッドヒート・ケルティック

ク「さすがに師匠が出張っちゃ勝負にならねぇわな」
ス「やはりそうか いや寧ろ、お前たちがいなければ今少しマシなものになったのではないか?」
フェ「はっはっはっ! そいつはそうかもしれないなぁ」
ス「フェルグス、お前はお前で宝具くらい置いていけぬのか 律儀に持ち帰りおって…」
ク「叔父貴のあれはしゃあねぇだろ 運がなかったとしか言いようがねぇだろうよ」
フェ「ぬぅ… クーフーリンにまでそう言われては、俺も考えてしまうなぁ…」
ク「はぁ?! なんでだよ叔父貴!」
ス「貴様の生前を見れば当然だ 全く、ケルトの勇士が揃ってこの様とはな これは、今一度鍛え直す必要があるか」
ク「げっ…!」
フェ「やはりこうなるのか…」
ス「さぁ その腑抜けた根性と運、諸共に性根から叩き直そうか!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。